カナリーの米国株10-Kコレクション

米国株10-KやAnnual reportの訳を気の向くままに

GE GE株保有者は面倒なことになるかもしれない (鉄道部門がスピンオフ)

f:id:Canary-W:20190207023703j:plain


ゼネラルエレクトリックは2019年の2月25日までに鉄道部門をスピンオフする予定であると発表しました。GEは前々から鉄道とヘルスケア部門をスピンオフさせたいと言ってきましたが、先に鉄道部門のスピンオフが決定しました。(SECにファイルされた公式文はこちら)

 

ただ今回のスピンオフは典型的なスピンオフとは異なります。スキームとしては鉄道部門をスピンオフさせて、同時にWabtec(ティッカー;WAB)という鉄道車両などを製造する会社と合併させる形をとります。恐らく合併後の新しい企業の名前はWabtecを引き継ぐため、GE株主は対価として合併後のWabtec株を受け取ることが出来ます。大体スピンオフというのは「1つの部門を新たな企業として独り立ちさせる」形式が典型的なものなので、今回のスピンオフは典型例とは少々異なりますが、いずれにせよGE本体から鉄道部門はなくなります。

 

スポンサーリンク  

 

  • 面倒なこと

GEは現時点でWabtec株の割当比率を公表していませんがロイターによると0.005403が予測されている割当比率だそうです。さて、この割当比率は今回のスピンオフがGE株保有者にとって少し面倒なことになることを示唆しています。どういうことか。この0.005403株という数字をもとに計算するとGE株を186株以上持っている投資家はWabtec株を一株以上受け取ることが出来ます。しかし、このWabtec株、現在の株価は72ドル台です。つまりあなたが、GE株を186株(およそ1860ドルの時価)保有しており、付与されたWabtec株を売却したい場合、あなたはたった72ドルのWabtec株を、5ドルの手数料を支払って売却しなければならないので、無駄な手数料を支払うことになります。例えGEを1000株保有していても、付与されるWabtec株はたった5株で、5株合わせた時価、およそ370ドルに5ドルの手数料を支払わなければならないことになります。つまりWabtec株を買い増そうと考えたり、少ない株数で保有し続ける方針でない限り、超無駄な手数料がかかると思われます。

 

ただ、証券会社によってはWabtec株の取り扱いがなく、新規取り扱いの予定もない場合、付与されるWabtec株と同等の現金付与になり、手数料がかからないかもしれません。SBI証券はWabtec株の取り扱いがないので、新規取り扱いにならない限り現金付与になるかもしれません。一方でマネックス楽天証券で売買している投資家の方は残念ですが、Wabtec株の取り扱いがあるのでスピンオフ時にWabtec株が付与され、売却のためには手数料を支払わなければならない可能性が高いと思います。どちらにしてもGE保有者の方はスピンオフが正式に決まり次第、証券会社に問い合わせることを強くお勧めします。

 

  • WabtecとGE鉄道部門をみてみる

上記の通り、Wabtec株が付与され、それを売却したい場合には無駄な手数料がかかる可能性があります。では売却するのを避けWabtec株を保有する価値があるのか?それは以下に示したGEの鉄道部門とWabtecの業績でご判断いただければと思います。

 

因みにWabtecは元々ウエスチングハウスの鉄道部門だったそうです。業績などは以下の通り。

f:id:Canary-W:20190207114459p:plain

 

悪くはないけど…。みたいなところでしょうか。

 

では、GEの鉄道部門はどうでしょうか。

 

f:id:Canary-W:20190207114635p:plain

カナリーは利益率がもっと低いのかと思っていましたが、そこそこの水準にあるようです。ただご覧の通り売上高、利益ともにここ3年間で減少していますね。

 

そしてWabtecと単純に足し合わせるとこんな感じになります。

f:id:Canary-W:20190207114725p:plain

なんとも言えないというところがカナリーの率直な感想ですが、Wabtecよりも魅力に感じている企業があるのだとすれば、付与されたWabtec株を割高な手数料支払ってでも売り、魅力的な企業の株を買うための足しにしたほうが良いかと思います。

 

因みにスピンオフ株の権利落ち日は2019年2月14日のバレンタインデーです。この日をまたいでGE株を保有した場合、スピンオフ株を受け取ります。

 

※今回の記事で示したWabtec株の割当比率0.005403は非公式なものであります。GEによる公式発表後に正確な割当比率をご自身でご確認ください。

 

GE投資家の方はぜひこちらも

www.canary-w.com

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

応援して頂けると嬉しいです!